ブログ

2015年10月15日 13時00分00秒 (Thu)

良い汗と悪い汗??


『良い汗』と『悪い汗』そんなのあるの??

 

image00.jpg

 

体温が上がると皮膚から水分を蒸発させる事で、体温を下げようと血液中の水分が汗腺に集まります。

この、集まった水分には、ミネラル分が含まれていて、必要なミネラル分だけを再び血液にもどします。

そして、わずかな塩分を含んだ水分だけが皮膚表面に排出します。

この再吸収機能のおかげで、水に近いサラサラの汗がでます。


この水に近いサラサラの汗が『良い汗』


余計なものが含まれていない分、蒸発もはやく体温調節もしてくれて、汗がローションと同じ役目を果たし肌を保護してくれます。


でも…‥

運動不足や冷暖房設備の普及などにより、汗をかく機会が減って体温調節機能が低下

汗をかかなくなって、使わなくなった汗腺は機能も衰えてしまいます。

再吸収機能もうまく働かなくなり、ミネラル分を血液に戻すことなく、水分と共に皮膚に排出。

ミネラル分の多い汗は蒸発しにくく、体温調節がうまく行われません。

また、アンモニアなどのニオイ成分も含まれている上に、ベタベタして
います。

このベタベタした汗が『悪い汗』

『悪い汗』は、からだに必要なミネラル分を血液から奪うため、生理機能が狂い、疲れやすくなったり、体調が崩れやすくなるんです
image00.gif

 



あなたの汗はどっち??image08.gif

 



『良い汗』をかくためには日頃から汗をかく習慣を身につけることが大切です!


目指せサラサラ汗!!
image02.gif

 



『黄土漢方よもぎ蒸し』で体質改善し、良い汗がかける体にしましょう!

 

 

 


当サロンの『黄土漢方よもぎ蒸し』は、体内からじっくり温められて、汗腺が活性化され『良い汗』をかくことが出来、当サロンではほとんどの方が1回目からサラサラ汗を実感されていますimage04.gif

 

 

 img_20151015-130030.jpg

 

皆さんも是非、健康管理に『黄土漢方よもぎ蒸し』を取り入れてみて下さい♪
 

 


この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード